フェンスに揺れるスカート

深森花苑のブログです。

ネット評価が落とした影

※プライバシーに配慮し、一部事実を同等程度の別の内容に変えています。

 

小さい頃から通っていたお医者さんがある。先生がとても優しくて、病院に行くのは全然嫌じゃなかった。痛くならないようにいつも細心の注意を払ってくれたし、帰り際にはなにか楽しい「おまけ」をくれた。口調も穏やかで、人生で怒ったことなんて一度もないんじゃないかってぐらいだ。あのお医者さんに通ってた人で先生が嫌いな人はいなかったと思う。

 

その後、そのお医者さんのお世話になるようなことがないまま約二十年の月日が経った。その間に何が起きたかというとーーネットメディアの台頭だ。誰もがこのブログのような、自己発信の場所を持てるようになり、自ら評価することができるようになった。

久しぶりに、お医者さんのお世話にならなければならいことがあり、予約の電話のためにネットでそのお医者さんのことを調べた。すると、酷い評価ばかりが出てきた。会員登録がいらないオープンな場所でだけ。会員登録必須のクチコミサイトではそんな評価は一つもないのに。

そもそもこのネガティブな評価は事実なのだろうか? 競合やアンチの適当な評価なのではないだろうか? 気にすることはない。先生がいい先生なのは、私がよく知っている。私はそんなことを思いながら予約をとった。

 

当日。先生は二十年前と変わらない優しい態度で治療してくれた。しかし、なにかがおかしい。後ろめたいことを隠しているような、そんな様子を感じた。治療は、というと、これまた二十年前と変わらない。痛みもなく、手際がいい。なにも後ろめたい思いをしなくていいのに。

 

「いい評価」のほうが実際多い。だから、なにも気にする必要はないはずなのだ。

真実かどうかさえ、関係ないのかもしれない。口から出たこと自体が、先生に影を落としたのだ。

本当はいま、ブログを更新している場合ではない。しかし、抱えている案件は電車のなかでしゃしゃっと更新できるものでもなく、それならばこうしてブログでも更新しているほうがいいのではないかという結論にいたり、これを書いている。星占い的にも、今の気持ちを書き残しておくと後々いいらしいと聞いた。本音は少し吐き出してすっきりしたいだけなんだけど。

 

世の中では悪属性付与のテンプレが流行っている。普段、悪と無縁のキャラはここぞとばかりにお菓子を食いまくっている。

私は昨日、冷蔵庫に放置されていたバレンタインのチョコの残りを夜食にして全部食べた。ピスタチオのガナッシュが特に美味だった。誰が悪、というものではないのだと思う。ただ、年を取るということは、少しずつ悪に近づくことなのかもしれない。

 

去年のなんやかやで、私は私から欠け落ちたものの正体をようやく知ることができた。それは、私は姉である、ということだった。私はそれほどブラコンではないと思う。だから、姉である、というアイデンティティーが失われたことで自分がここまで壊れていたことに十年以上気がつかなかった。

失われたものに名前がつけば、それ自体はあってもなくてもなんとかなる。実際、今の私はすごく元気だ。一番呑気に、楽しく暮らしていた二十歳の頃を思い出す。悪夢から目が覚めて、あの辺りの時間と現実が地続きならいいのだが、あいにくそうはいかない。自我が眠っていたような状態であったとはいえ、時間の経過によって擦れたものはあるし、元々の私がどんな人間であるかを覚えている人ももはやいないかもしれない。そうすると、私は私を取り戻したといっても、周りの人間からすれば「誰だ、おまえ」であるし、実際のところ元々の人間とも違うなにかになっているので「誰でもない」というのが本当のところだろう。

 

この前、夫が旅行に行って一人になったときは自由だった。某校正会社を訪れたときの心地よい静寂を思い出した。好きな時間に食べ、風呂に入り、寝る。普段と同じようであれ、あれで存外気を使っていたことに気づく。もう一度一人暮らしをしたらどんな生活になるだろう。それが実現するときの状況など考えずに想像する。それはどんなに自由なことだろう。

 

糸の切れた凧のようだと思う。

私はもう一度一人になろうとしているのかもしれない。

ふわふわ不安定で、きっと周りで見てる人間もひやひやしてる。

その紐を引っ張る誰かを求めるのでなくて、まず自分自身であるように、私はもう一度、失われた時間の根に立ちたい。

 

人物描写3

24歳。女。五つ上の兄がいる。真面目。母がキャリアウーマン、父がのんびりや。料理が好き。人に喜んでもらえるのがうれしいから。よくできすぎてて同性から嫌われるタイプ。唯一の親友は男勝りで喧嘩に強い女の子。二人とも共通の少女漫画のファンで、イベントに足しげく通うほどのマニア。ブラコンなところがあり、あまり兄以外の異性に興味を示さない。ウサギを飼っている。

人物描写2

13歳。男。一人っ子。着ると人から見えなくなるパーカーを持っており、よくそれで隠れてしまう。見えない状態で人に話しかけては、人に驚かれる。両親は他界しており、人から見えなくなることで両親に近づけると信じている。誰かとの関わりを必要としているが、どうやって関わればいいのかがわからない。代わりにイグアナを飼っている。

人物描写1

19歳くらい。女。四人兄弟(男女男女)の末っ子。兄姉は、両親はおおらかな性格で、あまりにのんびりしているため苛つくことも多い。自分の願望を最優先に考え、そのために人を利用しようとすることもある。嘘泣きがうまい。ちょっと耳につくぐらいのきんきん声で話す。小さい頃にお気に入りの文房具を友達に盗まれ、かつ、その犯人と疑われたことがあるため、友達をあまり信じない。誰にも頼らないことが自由に生きるコツだと考えている。嫌なことは他人に大事なもの(相棒の杖、いつも被っている帽子)を触られること。杖に嵌めるいっそう豪華な宝石を求めて旅を続けている。社会的地位などには興味がない。自分の美を追究するタイプ。

今の旅の仲間と出会い、大事なものが増えた。はじめは、それぞれの仲間が持つ宝石目当てだったが、宝石が持ち主の手から離れると輝きを失うと知って、仲間そのものを大事にするようになる。

@桜の林

満開の桜の木の下。向かい合う女性が二人。どちらも時代がかった着物姿だがAの着物だけ泥にまみれぼろぼろ。

着物の女A「お前か、私に毒を盛り、この桜の木の下に埋めたのは」

着物の女B「いかにも。でも、あんたがまた必要になって呼び出した」

着物の女A「(失笑)必要? お前が殺したのに?」

着物の女B「どうしても、あんたに見てほしいものがある」

着物の女B、懐から扇子を取り出し、着物の女Aに向け、踊り始める。

着物の女A「○○(演目名)かい」

躍りを眺める着物の女A。その目に生者のようなあかりが灯る。

着物の女A「そりゃあ、いないだろうさ。この演目の良し悪しがわかるほど舞を極めたものなんざ、私をおいて他には」

着物の女Bの情熱的な舞が続く。

着物の女A

「その舞を踊るのが自分を殺した相手であっても、喜んで魅入るような女なんて、なおさらな」

 

 

 

@ハロウィン前夜の魔法使いの家の玄関

多くの幽霊などこの世に在らざる者が魔法使いの家を掃除するために出入りしている。そこに、迷子と思われる7歳くらいの女の子が周りをきょろきょろしながら入り込む。白く、きれいな服を着ており、明らかに周りの幽霊とは雰囲気が異なる。

飛びながら天井付近を掃除していた幽霊Aが女の子に気づく。

幽霊A「ねぇ、ちょっとなにあの子」

幽霊B「? ……(女の子を見て)あら、生きてるの?」

幽霊A「こっち見てるんだけど」

幽霊B「ぴゃーっとおどかしてさっさと帰ってもらう?」

幽霊A「やだ、泣かれたらめんどうじゃない。こんなに忙しい日だってのに」

幽霊B「……ふふ、かわいいと思ってるならかわいいって言えばいいのに」

幽霊B、女の子のもとに飛んでいく。

幽霊B「こんにちは」

女の子「……(泣きそうな顔)」

幽霊B「ストップ、ストップ。泣かないどくれ、私の相棒が泣くことになる! あぁ、今のは気にしないで。えーと、あぁそうだ。はたきは好きかい?」

幽霊Bがはたきを女の子に見せる。長い毛のはたきは、犬のように動いている。はたきは女の子に飛びつき、なつく。

幽霊B「気に入られたようだね。ちょっとそのはたきとその辺散歩してくれないかね。今日はハロウィンの前日だろ? お屋敷をみんなで掃除していて、幽霊の足も借りたいくらい忙しいんだ。(声のトーンを落として)あんたも無事に帰りたかったら、手伝ってくんな」

女の子「(必死で頷く)」

幽霊B、にやっと笑い、幽霊Aのもとに帰る。

幽霊B「手伝ってくれるって。しばらくはあの子のこと眺め放題よ」

幽霊A「やだ、ミルク臭い。生きてた頃のことを思い出しちゃうじゃない」