フェンスに揺れるスカート

深森花苑のブログです。幻想小説を書いています。

【迷子電話相談室】すぐに躓いてしまいます

※「迷子電話相談室」は電話をなくした迷子のための電話相談室です。相談室開設以来、ここには一度も電話がかかってきたことがありません。そこで、当相談室では「きっと、こういう悩みを相談したかったに違いない」と想像し、電話をなくした迷子たちの相談を毎週火曜日の夜に公開することにしました。(内容は個人が特定できないように変更しています。)

 

マウンテンバイクです。普通の自転車になるんじゃつまらないな、と思ってマウンテンバイクになることを選択しました。やっぱり山が好きだったし、難しいことを達成するのってかっこいいと思ったから。

 

でも、今のところ失敗ばかりです。

走る場所は、僕の知っている平らな地面じゃなくて、でこぼこした砂利道や急な崖山みたいな場所ばかり。雨が降ってる中を走らされたこともあります。当然、まっすぐになんて走れなくて、すぐに躓いて、転倒して、傷だらけです。

そんな僕に乗るご主人も、イライラして怒ってばっかり。僕を初めて見たときは、目をキラキラさせて、期待に胸を膨らませていたけれど、今となっては過去の話です。

ご主人の思うように動けない自分にも腹が立ちます。

 

いまだって、マウンテンバイクになるって決めたときの夢を諦めたわけじゃないですよ。僕だって、夢を叶えたいんです。

でも、こんなに大変だとは思っていませんでした。

ご主人が心安らかになるのなら辞めたほうがいいのかな、と思う日もあります。

僕も普通の自転車としては充分動けるわけだし。

 

だけど、僕が諦めてしまったら、ご主人に山の頂上からの景色を見せることはできなくなってしまいます。

それは悔しくて、嫌だなぁ、とも思います。

 

 

f:id:kaenfukamori:20150303220319j:plain

youtu.be

※注意※ この歌も負担に感じてしまうときは、がんばりすぎです。

いったん、前に進むことよりもHPの回復を優先させましょう。